本文へスキップ

がん保険は診断一時金と入院給付金、手術給付金からなり、全てにおいて役立つものです。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

がん保険を選ぶときのポイント

現在日本では、死亡保険、医療保険、がん保険、学資保険など、多種多様な保険が用意されています。保険をかける主な理由は、もしものときに備えることです。その「もしも」の内容によって、選ぶ保険の種類や適応範囲、支払われる保険金額が変わってきます。がん保険はそういった保険の中でも、特定の病気であるがんに絞った保険ですが、特別な保険ではなく、とても身近な保険です。

一般的ながん保険は診断一時金と入院給付金、手術給付金からなり、全てにおいて役立つものです。通常の病気であれば健康保険にある高額療養費という制度のおかげで、入院などにかかった費用は一定額を超えると払い戻され、家計への負担を緩和してくれます。この制度はがんの場合にも、加入している健康保険で使用することが可能です。

しかしがん治療の場合、医療技術の発展とともに、先進医療と呼ばれる治療方法が増えているため、そういった新しい治療法を受けたい場合は健康保険適用外となり、利用者に多額の負担が発生します。そんな時でも、治療費をカバーしてくれるのがこの保険の強みです。

また、診断一時金があることで、家計などを心配せずとも早めに治療に専念できるようになっているのも強みです。さらにがんという特定の病気にのみ備えるものですので、一般的に保険料は数千円からと安めに設定されているところも魅力の一つでしょう。がん保険は、起こってしまうと負担が大きい自動車事故などに備える自動車保険と同様に、もしもの時の強い味方になる保険です。

information新着情報

2017年01月19日
ホームページを更新しました。